始めに、一般人が破産を要請するまでの期間は借金のある当事者へ対する電話を用いた借金徴収と負債者本人の住んでいる家への訪問での徴集は法律違反でないということなのです。さらに、破産の作業に入ったあと実行までに手数があった際には債権保持人は強硬な返済要求をやってくる確率が増加します。債権保有人サイドからすると債権の返金もされずにそれでいて破産などの正式なプロセスもされないといった状態であればグループ内部での対応をやることが不可能だからです。それだけでなく債権者の過激なタイプは専門の人間に連絡していないとわかると、けっこう強硬な返済要求行為をしてくる業者も存在しています。司法書士の方もしくは弁護士の方に頼んだ際には、債権保有人は依頼者に対しての直接要求を続けることが認められません。依頼を理解した司法書士の担当者それか弁護士事務所は依頼を担うと記した手紙を各取り立て会社に配達することになり、各取り立て企業が確認した時点で依頼人は債権者からの無理矢理な返済請求から解き放たれるという流れになります。さらに、債権者が勤め先や実家へ訪れる徴集は貸金業法のガイドラインによって許されていません。貸金業として登録を済ませている企業ならば仕事場や父母宅へ訪れての取り立てが貸金業法規制法に反するのを認知しているので違法であると言えば、そういう類の返済請求を維持することはないと思います。申請後は申請者に向けた集金を含めて例外なしに収金行為は禁止になります。だから、返済要求行動はまったくなくなるわけです。しかしながら、ときどき禁止と知っているのに訪問してくる取り立て屋も存在していないとは考えられません。貸金業であって登録している業者であれば、自己破産に関しての手続き後の収金が法の条項に反するのを知っているので、違法だと言ってしまえば、違法な収金を維持することはないと思います。しかし闇金という俗称の取り立て業者においては範囲外で強行な集金などによる被害が増え続けている状況です。闇金が取立人の中にいる可能性がある際にはどんな理由があれ弁護士の会および司法書士グループなどの専門者に頼むようにする方がいいです。